UV-Cでエスカレーターの手すりを常時自動殺菌!

空港、駅、デパート、ビル等の公の場で多く使用されているエスカレーターの手摺りは、たくさんの利用客により病原菌やウィルスなど衛生面の問題が発生する恐れがあり、それにより次々と菌が媒体を介し、人体に害を及ぼします。
以前メディアで、便座に対しエスカレーターの手すりは約53倍?も汚い数値を出していました。

そんなエスカレーターのハンドレールを、常に殺菌・除菌するのはかなり大変ですが、クリアウィン(エスカレーター手摺り自動紫外線殺菌器)は、手すりの稼働を利用し、紫外線を照射することによって常時殺菌を可能にしました。
新型コロナウイルスの流行でさらに紫外線殺菌は注目を浴び、クリアウィン(エスカレーター手摺り自動紫外線殺菌器)は先に発売された海外では爆発的に売れており、エスカレーターの標準装備にもなりつつあります。

エスカレーター殺菌

国際標準の認証を取得
ISO-9001
ISO-14001
韓国科学融合試験研究員
CEマーク認証・RoHS試験
国土交通省建築基準法等確認済

99.9%殺菌時の所有時間

クリアウィン(エスカレーターの手摺り自動紫外線殺菌器)は、どんなタイプのエスカレーター及びムービングウォークへの設置が可能。
シンプルなデザインで、工事の必要がなく、自己発電するため外部電力も必要がありません。
生体に対して強い破壊力を持つUV-C(紫外線)で、ウイルスを常時殺菌し続けます。(構造上、当製品は人体には触れません)
※左記の殺菌の所要時間の表を参照
紫外線での殺菌作効果は、黄色ブドウ球菌及び大腸菌、カンジダ菌、新型インフルエンザの殺菌効果が専門機関から認定されています。(各種エビデンス・認定書あり)
紫外線での殺菌は、あらゆる菌種に効果的で、照射する対象物にダメージを与えず、短時間でウイルスの殺菌が可能です。(下の図参照)
※新型コロナウイルス(COVID 19)の殺菌効果も認証ずみ(検査証あり)です。

ウイルスは、感染者が触れたドアノブ、ATM、エスカレーターの手すりなどでは数日間生きているため、感染者を受け入れる医療機関をはじめ、電鉄・商業施設・学校・オフィスでは数時間かけて人手による消毒作業が実施されています。その作業にUV-C(紫外線)を活用することで、作業時間と人件費の削減、作業する方々への感染を防ぐことが期待できます。
エスカレーターの手すり自動殺菌器は、人の手ではできない常時殺菌を可能としますので、今後のコロナウイルス対策にもCreawinは必須です。


※弊社のCreawinは、弊社及びグループ会社にて、海外製品に安全装置(指詰め防止)を搭載し国内向けにご提供しております。
 また、弊社では建築基準法などの設置についての安全面も確認を取っております。
弊社では、販売だけでなく、月々のメンテナンス・LED電球の交換等も併せてご提案しております。

まずは、こちらのフォームよりお問い合わせください。

設置事例
-ショッピングモール・空港・オフィスビル・病院に設置しております。

ロットによりロゴや施設名の印刷を賜ります。
左記は一例です。(三菱エスカレーター)

設置メーカー(MITSUBISHI / HITACHI / TOSHIBA / FUJITEC / SCHINDLER / HYUNDAI等)